健康優良企業様一覧

かながわ健康企業宣言 健康優良企業に認定!

かながわ健康企業宣言に参加いただいた企業様に、職場での健康づくりの取組み等を所定の書式にてご報告いただき、内容を健康保険組合で審査いたしました。

審査は、項目別に実施結果を点数化して評価し、一定の点数を超えた企業様を『健康優良企業』として認定させていただき、認定企業様へ認定証を交付させていただきました。

認定期間は、認定された月より1年間となります。

2019年10月31日現在 健康優良企業認定 74社

株式会社ENEOS水素サプライ&サービス(JXTGグループ健康保険組合)

2019年10月31日 認定

【主な取り組み】

【年休取得】
毎月取得実績を社内周知。取得日数が少ない方へ個別にフォロー。取得予定を共有する。
【よか制度】
休んで「よか」ったと思えるような体験談を社内イントラネットに共有。
【顧問医契約】
月1回本社に来社、各人の相談、会社の健康対策について助言をいただいている。

株式会社日建企画(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月30日 認定

【主な取り組み】

・定期健診受診率100%
・週1回ノー残業DAYの実施
・屋内禁煙の実施
・従業員全員に予防接種の一部費用負担

富士通エフサス関西カスタマサービス株式会社(富士通健康保険組合)

2019年10月28日 認定

【主な取り組み】

富士通健康経営事務局主催の健康づくり支援ツール「kencom]を活用して「みんなで歩活」の推進を実施し、参加率50%以上となっており、独自の景品を出すなどして健康増進の推進を行っております。

株式会社モバイルテクノ(富士通健康保険組合)

2019年10月28日 認定

【主な取り組み】

リフレッシュエリアへの健康器具(ウォーキングステップマシシーン)の設置などを行い、社員が気軽に運動意識を持てるような環境を構築しました。

株式会社ベストライフ・プロモーション(富士通健康保険組合)

2019年10月28日 認定

【主な取り組み】

全社ウォーキングイベント「みんなで歩活」への参加を推進。
参加率
春(5月21日~ 6月21日)90.7%(富士通グループ小規模事業所1位)
秋(11月1日~11月30日)36.6%(募集中10/14時点)

株式会社タスクフォース(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月26日 認定

【主な取り組み】

・インフルエンザ予防接種の全額補助(家族含む)
・横浜ウォーキングポイント事業所参加
・ノー残業デー、プレミアムフライデー、フレックス制度活用の推進
・有給計画の推進
・メンタルヘルスや生活習慣病対策の研修実施
・健康相談の外部ホットライン開始

東芝プレシジョン株式会社(東芝健康保険組合)

2019年10月24日 認定

【主な取り組み】

・階段に消費カロリーを表示し、運動の意識づけ 
・廊下に身長による理想的な歩幅を表示し、下肢筋下アップの呼びかけ
・受動喫煙防止に関する環境作り(喫煙室の設置にによる分煙化、禁煙時間のルール化、禁煙日の実施)
・ラジオ体操の就業前実施
・健康管理コーナーを設置し、血圧、体重を自由に測定できる
・社内食堂での健康アップメニュー、減塩メニュー、やさいの日(1日の必要な野菜量の1/3を摂れる小針の提供)の実施
・ストレスチェックとは別に、メンタルヘルス不調予防のための健康調査実施(調査票への記入によりハイリスク者を抽出)
・毎月1回、健康に関するニュースの発行

アイフォーコムホールディングス株式会社(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月24日 認定

【主な取り組み】

【健康課題の把握】
・定期健康診断受診率100%の継続
・健診結果で精密検査・要医療の指摘があり再検査を受けた社員に対し費用を補助
【職場の活性化】
・各種イベントを開催(夏祭り、秋刀魚の夕べ)
・社内SNSによるコミュニティ活性化
・サークル活動費を補助して部・同好会の活動を推奨
【感染症予防対策】
・各部門に加湿器を設置
・インフルエンザ感染予防と感染時の対応ガイドラインを制定
【メンタルヘルス対策】
・社内カウンセラーが常駐し、メンタルヘルスの不調から職場復帰支援などに対応
・メンタルヘルス相談窓口を社内外に設置
・ストレスチェック集団分析結果に基づく管理監督者向けの研修実施
【受動喫煙対策】
・受動喫煙を防止するために敷地内全面禁煙を実施

株式会社システム・キープ・ヤード(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月21日 認定

【主な取り組み】

・客先常駐の形で勤務を行うケースが多いが、月に1回帰社日を設け熱中症対策、インフルエンザ予防などを周知
・定時退社日(ノー残業デー)の設定(毎週水曜日)
・親睦会で年に3回、リクリエーション行事の実施
・社内全面禁煙化とし、禁煙ルームを撤廃しリフレッシュエリアの設置

株式会社ジー・サーチ(富士通健康保険組合)

2019年10月18日 認定

【主な取り組み】

・看護師の検診結果後の全員面談の継続的実地
(検診結果に問題がなくても年に一度は顔を見せることで、相談しやすい環境作りとしている。)

株式会社光学技研(神奈川県電子電気機器健康保険組合)

2019年10月18日 認定

【主な取り組み】

■健康管理、生活習慣病予防
・休業中社員も含め、会社側が受診しやすい環境を整えて、健康診断受診率100%への取組
・35歳以上の社員、及びご家族に人間ドック、婦人科健診、脳ドックの受診を促進
・生活習慣病に該当する社員については健康保険組合のサポートを受けて保健師による保健指導を実施
・インフルエンザ予防接種費用の補助、及び社内接種の実施、または指定日受診にて就業時間内を認定
■健康増進活動への支援、環境づくり
・会社全体での会議や懇親会、ファミリーデー等を定期的に開催し、ご家族を含めた社員同士のコミュニケーションを活性化
・産業医の定期訪問(月1回)にて面談等の活用
・安全衛生委員会での活動(月1回)、及び安全パトロールの実施
■社員の健康意識を高める取り組み
・経営者から社員へ健康についての呼びかけ、及びメンタルヘルスセミナーの実施
・業務委託している仕出し弁当に健康に配慮したヘルシーメニューを導入
・週1回以上のペースで部署ごとにストレッチを実施

工藤建設株式会社(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月18日 認定

【主な取り組み】

【健康管理】
40歳以上の社員全員に対して、全額会社負担で「人間ドック検診」を受診させている
【感染予防対策】
インフルエンザ予防接種対策として、社員全員に、全額会社負担で予防接種を行っている

シーケー販売株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月18日 認定

【主な取り組み】

・年間13日の有給取得促進日の設定      ・休日出勤の振替休日取得100%
・歯科検診実施               ・高血糖者に対する保健指導
・人間ドック受診補助            ・33歳対象の無料人間ドック
・無料乳がん・無料子宮頸がん検診      ・毎週水曜日の定時帰宅日の設定
・管理・監督者層に対するe-learningの実施    ・社外委託業者による相談窓口の活用
・月1回禁煙デーの実施           ・健康に関する各種イベント実施
・肺年齢測定     ・血管年齢測定    ・骨密度測定    ・動体視力測定
・食堂とのコラボによる食育イベント     ・スポーツジム利用補助
・50歳以上を対象に、体力測定実施     ・健保とのコラボによるウォーキングラリー
・健康担当者による健康情報の発信      ・健保提供の健康管理支援ポータルサイトによる健康情報の提供

医療法人小林病院(神奈川県医療従事者健康保険組合)

2019年10月16日 認定

【主な取り組み】

当院は、開設以来110年間、地域の中核的多機能病院としてシームレスな医療サービスの提供を通じて、住民の医療と福祉を支えてまいりました。
今般、超高齢社会のなかで職員自らが健康で長く働くことが、地域住民や患者に対してより質の高い医療サービスを提供できると考え、病院全体で職員の健康保持・増進、健全な職場環境を作ることを目指すこととしております。
今年度については、神奈川県の「受動喫煙防止条例」を受けて年度当初から敷地内全面禁煙に取組むとともに、特定保健指導対象者全員について栄養指導を実施し、疾病予防に取組んでおります。

株式会社カナセキユニオン(神奈川県石油業健康保険組合)

2019年10月16日 認定

【主な取り組み】

会社として、40代以上の社員には健康保険組合から情報提供いただく補助の出る人間ドックの受診を推奨している。実際、お取引様の中には作業に参加するための届出の中に血圧等の数値を記載必須事項としているところもあるため、健康状態の把握のために実施している。
また、感染症予防対策としては、インフルエンザの予防接種は家族も含めた接種を継続している。その上で年間を通してアルコール消毒は常用としてトイレ等に常備させている。

カルソニックカンセイ・ビジネスエキスパート株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月16日 認定

【主な取り組み】

全グループ会社と健康保険組合との連携体制で健康経営に取り組んでいく
・健康診断および健診後の受診勧奨と特定保健指導の受診率向上の推進
・ヘルスリテラシーの向上を目的にセミナーの開催
・ストレスチェックの定期的な実施と分析結果への対応
・遠隔禁煙外来の推進
・PepUpで健康保険組合が主催するウォーキングラリーへの参加

カルソニックカンセイ岩代株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月16日 認定

【主な取り組み】

・健診100%受診
・33才無料人間ドック100%受診
・全従業員向け健康指導実施(年1回)
・過重労働対策:時間外労働状況について35時間/月以下のしきい値を設け、週単位で管理

平田自動車工業株式会社(神奈川県自動車整備健康保険組合)

2019年10月16日 認定

【主な取り組み】

出来なかったチェック項目については改善課題として、社内管理者の会議を設けて対策を検討しております。

株式会社アスペア(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月15日 認定

【主な取り組み】

【感染予防対策】
・パートタイマーを含む全社員対象に全額補助でインフルエンザ予防接種を実施
・手指除菌スプレーを設置し、感染症予防を実施
【健康増進施策】
・スポーツ奨励制度の実施(スポーツ大会参加費補助)
・適切な食事のしかたセミナーの実施
・ママさんエンジニアなど運動機会の少ない社員のための筋トレセミナーの実施
【過重労働対策】
・有給休暇の1時間単位の取得実施と高い消化率促進の周知と実施
【受動喫煙対策】
・オフィスの完全禁煙
【メンタルヘルス対策】
・年1回のストレスチェック実施
・無料のメンタルカウンセリングを用意

ジヤトコツール株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月10日 認定

【主な取り組み】

【過重労働対策】
・部署毎に有給休暇の一斉取得奨励日を設定(年間15日)(有給休暇を取得しやすい環境づくりを行っています)
・年間で有給休暇を15.5日以上取得するように目標を設定
【運動機会・コミュニケーションの促進】
・従業員とその家族参加によるソフトボール大会の実施
・職場においてラジオ体操の実施を推奨
【メンタルヘルス対策】
・ストレスチェックの定期的な実施と分析結果への対応
・無料で受けられるメンタルヘルスカウンセリングを用意
・メンタルヘルスセミナーの実施
【感染予防対策】
・各事業所に消毒液を配布
・就業時間内でのインフルエンザ予防接種の奨励
・インフルエンザ感染時の対応ガイドラインを制定
【禁煙活動】
・受動喫煙を防止する為に構内全面禁煙を実施

カルソニックカンセイ岩手株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月10日 認定

【主な取り組み】

【健康管理】
・健康診断受診率100%および要再検者に対する受診勧奨実施  
・定期健康診断とあわせて歯科健診を実施
・高血糖者へ対するレター配信
・33歳対象とした無料人間ドック実施
・レディース検診(乳がん・子宮がん)無料にて受診可能
・長時間労働対策(定例会で職制への展開実施、労働時間超過者へアンケート実施)
・毎週水曜日を定時退社日と設定
【メンタルヘルス対策】
・全従業員対象としたストレスチェック実施
・管理・監督者向けに結果報告会実施(集団分析)
・管理・監督者に対するe-learning(ラインケア)
・社外委託業者による相談窓口を活用
【健康推進】
・禁煙デー(月1回)の実施
・遠隔禁煙外来補助
・健康ポータルサイト「PepUp」の登録推進、PepUpによる健康情報の提供
・インフルエンザ予防として、マスクの配布・手指消毒剤の設置
・定期健康診断時、オプション検査を希望者へ実施
・毎日の始業前に体操を放送し腰痛予防実施

奈良造園土木株式会社(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月10日 認定

【主な取り組み】

・外部保険人材サービスと契約し、定期健診結果を基に保健師による個別面談を全社員と実施した。また、メンタルヘルス不調者対策も併せて整備できている。
・取引先生命保険会社と「24時間電話健康相談」「健康促進アンケート調査」「食事・栄養管理支援」等のサポート契約を受けている。
・インフルエンザなどの予防接種費用を会社が全額補助している。

ジヤトコプラントテック株式会社(日産自動車健康保険組合)

2019年10月10日 認定

【主な取り組み】

■過重労働対策
 ・部署毎に有給休暇の一斉取得奨励日を設定(年間15日)
 (部署毎に有給休暇の取得推奨日を設定して、有給休暇を取得しやすい環境づくりを行っています。)
 ・年間で有給休暇を15.5日以上取得するように目標を設定
■運動機会・コミュニケーションの促進
 ・従業員とその家族参加によるソフトボール・ボーリング大会の実施
■メンタルヘルス対策
 ・ストレスチェックの定期的な実施と分析結果への対応
 ・無料で受けられるメンタルヘルスカウンセリングを用意
 ・メンタルヘルスセミナーの実施
■感染予防対策
 ・各事業所に消毒液を配布
 ・就業時間内でのインフルエンザ予防接種の奨励
 ・インフルエンザ感染時の対応ガイドラインを制定
■禁煙活動
 ・受動喫煙を防止する為に構内全面禁煙を実施

富士フイルム生活協同組合(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年10月10日 認定

【主な取り組み】

・「健康チャレンジ」(従業員が自分自身で健康に対する目標を設定し、健康増進をはかる取組み)について2016年から毎年実施しています。(今年で4回目)
・従業員の福利厚生団体主催によるスポーツ大会(パークゴルフ大会)を2019年9月に実施しました。(約50名参加)

株式会社小川組(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月9日 認定

【主な取り組み】

【運動機会の増進及び健康づくり】
・防災訓練、社員の結束と運動を兼ねて、歩行訓練を実施した。
【感染予防対策】
・インフルエンザの予防接種費用を会社負担とした。
【健康課題の改善】
・健康診断の結果から有所見者に対して、二次健診の呼びかけを行った。

株式会社ファルコン(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月9日 認定

【主な取り組み】

■社長から社員へ健康に関する呼びかけ
・月1開催のミーティングで社長及び管理部より健康についての呼びかけを行っている。
■フィジカル対策
・健康診断受診率と有給休暇取得率100%の継続
・従業員の被扶養者の健診受診の促進
・インフルエンザ予防接種の費用補助
・従業員へのマスクの配布
・喫煙スペースを社外に設置し、受動喫煙を防止している
■メンタルヘルス対策
・会社で業務災害補償障害保険に加入しており、カウンセリング(電話・対面)を一任しており従業員にも周知している。
・歩数計の導入及び月1の歩数報告により、従業員になるべく歩く習慣を身につけさせ、1日に歩く距離や歩数を増やす努力をしている。
・気になることを相談しやすい職場づくりを心がけ、問題の早期発見及び解決を目指している。

株式会社ソフテックス(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月9日 認定

【主な取り組み】

■食生活の改善
・社内自動販売機に特茶、豆乳、トマトジュースを導入
・健康食品購入補助
■メンタルヘルス対策
・無料で受けられるメンタルカウンセリングを用意
■運動機会の増進
・毎朝ラジオ体操を実施
・運動講座実施

富士フイルム知財情報リサーチ株式会社(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年10月7日 認定

【主な取り組み】

健保主催の春・秋のウォーキングイベントに積極的な参加を呼び掛けており、目標達成チームには会社からも賞を授与する等、モチベーションを高める会社独自の取り組みも行っている。
毎回8割強の従業員が参加し、楽しみながら健康増進と社内コミュニケーション活性化に取り組んでいる。

株式会社BJU(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

健康診断:100%受診
インフルエンザ:従業員、扶養家族含めた全額補助
CHO構想:マイME-BYOカルテアプリの従業員100%導入、企業対抗ウォーキング・2018年度奨励賞受賞

株式会社KTサポート(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

・健康診断実施及び対象者への保健指導(健保との共同事業)
・年間で最低6日以上の有給休暇取得を促進
・社員に対してインフルエンザ予防接種費用の全額補助及び各所へ消毒剤の設置

今年度からの追加実施
・健康づくり推進委員によるかながわ100キロウォークへの参加及び従業員への展開
・横浜ウォーキングポイントへの参加検討

ニューライフ横浜株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

【感染予防対策】
・インフルエンザ予防接種費用について、全従業員分一部補助
【過重労働対策】
・計画有給を設定し、取得促進
【運動機会の増進】
・よこはまウォーキングポイント事業に参加し、歩数計を活用してウォーキングを推進

株式会社ジェームス神奈川(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

【感染症予防】
・社員・パート社員を対象にインフルエンザ予防接種の補助を行う。
【受動喫煙対策】
・喫煙所の使用時間を決めて、喫煙者に対する健康管理を推進する。
【過重労働対策】
・有給休暇が取得しやすい取組みとして、毎月シフトに入れ取得促進を行う。

ケイ・ティ・ストアマネジメント株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

■「食」に関する勉強会実施
・食品の栄養特性や安全性、食事と病気との関係など、身近な「食」をテーマに有識者からのレクチャーを中心とした勉強会をスタート。
・健康を維持するために毎日食べる食品についての知識を身につけ健全で安全な食生活を送ることを目指します。
(第1回)2019年9月11日実施、以降1~2カ月に1回の開催予定

■感染予防対策
・全従業員分のインフルエンザ予防接種費用の全額負担の実施

■過重労働対策
・2019年4月より「ノー残業デー(毎週火曜日)」の設定・運用

■健康課題の把握
・全従業者100%の健康診断受診への呼び掛け実施
・40歳以上の全従業者人間ドック100%受診への呼び掛け実施(2019年度100%受診)

■運動機会の増進
・健康保険組合連合会神奈川連合会主催「100キロウォーク」への参加促進活動
→推進担当者体験実施後、従業者へ主旨説明
→参加者への会社補填等検討中

トヨタサービスセンター神奈川株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

・長時間労働対策として安全衛生委員会の議題とし、毎月討議する事で全従業員の「効率改善意識」「長時間労働への意識」の各意識づけを行っています。
・健康保険組合と連携をとり健診後のフォロー強化として、要再検の対象者に受診促進と受診フォロー、また、保健指導を行っています。
・感染症予防対策として全従業員へのインフルエンザ予防接種を行い、マスクの配布・着用の推奨を行っています。
・産業医と連携し面談と指導を行い、未然に病気や健康障害を防ぐ取組みを行っています。
・清涼飲料水には砂糖を多く含んでいるものがあり、健康に配慮しているとは言えないので、ウォーターサーバーを各セクションに設置することで、糖質の少ない、純粋なお水を飲む習慣作りと職場環境の改善を行っています。
・自販機の飲み物にカロリーを表示することで、飲料水の糖質を意識するようにしています。
・健保連神奈川連合会の主催する100キロウォークを会社の行事予定に取入れ、健康診断結果から有所見者を対象とし、開催地から近い従業員にも積極的に参加して頂いています。

神奈川ハマタイヤ株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

・インフルエンザ予防接種費用の補助により、全員接種による感染予防
・各拠点に冬季風邪予防対策セット(マスク・うがい薬・消毒液・除菌スプレー等)を配布・設置し健康を推進する
・各拠点に加湿器を設置
・熱中症対策セット(水分・塩分タブレット等)の配布し、暑い夏に疲れを残さないようにする
・管理者会議の中で長時間労働者を把握および原因を究明し、各拠点の職場ミーティング内で業務改善に取り組む
・会社よりレクリエーション費の補助を出し、社員とその家族が参加できる健康増進のレクリエーションを開催した(ウォーキングと懇親を図る)
・有給休暇取得促進 会議で取得状況の確認と毎月の報告を行い、昨年より取得率アップに成果を出した

神奈川トヨタ整備株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

【感染症予防】
・社員、協力会社を対象にインフルエンザ予防接種の全額補助、パートタイムを対象に一部補助(1,500円)を実施。
・インフルエンザ予防接種の往診接種(一部事業所)を実施。
【運動機会の増進】
・全事業所において毎朝ラジオ体操を実施。
【メンタルヘルス対策】
・従業員50人以下の事業所も含め、全事業所を対象にストレスチェックを実施。
【過重労働対策】
・計画有給制度の個人別付与方式を取入れ、有給休暇取得の促進を実施。

神奈川トヨタ商事株式会社(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

・事務所フロアの喫煙ルームを廃止し、受動喫煙防止策を講じている
・会社負担によるインフルエンザ予防接種を実施している
・ビル内の自動販売機に全商品のエネルギー(cal)を表示することで可視化を図った
・健康に配慮した飲料および食料が購入できる自動販売機を設置した

株式会社KTグループ(KTグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

全グループ会社と健康保険組合、メンタルヘルス健康相談センターと連携体制で健康経営に取り組んでいます。
■フィジカル対策
・健康診断受診率100%の継続。
・受動喫煙防止策の実施と継続。
・インフルエンザ予防接種の費用補助。
・本社ビルにAEDの導入と使用方法の周知。
・社員への献血促進活動(献血のメリット周知と献血場所提供)(赤十字血液センターに協力)
■食生活の改善
・社員食堂のメニューにカロリー表示をするとともにヘルシーメニューを導入。
・食生活の大切さや、改善ポイントなどの食・生活習慣などの情報を提供。
・自販機飲料のカロリー表示や、内容を特保などの健康飲料を多くラインナップ。
■運動機会の増進
・社内での移動は階段利用の利用促進。
・健保連かながわ「100キロウォーク」のグループ各社への情報提供と体験会の開催。
■メンタルヘルス対策
・グループ全社でストレスチェック100%受診と集団分析の取り組み推進。
・メンタルヘルス相談窓口を社内外に設置・利用促進(社外は24時間開設窓口設置)
・管理職にメンタルヘルス検定(ラインケア)取得の推進、教育機会と費用負担を実施。
■健保組合とのコラボヘルスで以下の取組みを実施
・40歳以上の被保険者・被扶養者への人間ドック受診促進。
・健康診断後の受診勧奨、特定保健指導の受診率向上策を推進。
・スポーツクラブの割引利用の斡旋。

ウエインズインポート横浜株式会社(トヨタウエインズグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

【健康機会の増進】
・毎朝始業時に各店舗趣向を凝らした体操の実施
・社友会(従業員福利厚生)で年に何回かのレクリエーション行事実施

【感染症予防対策】
・インフルエンザ流行時期には、ワクチン接種費用会社負担
・入口にはクレベリン、トイレにはうがい薬、マスクは常備

【メンタルヘルス・ストレスチェック対策】
・WEBによるストレスチェックサービスを活用
・メンタルヘルスのカウンセリングセンターと契約、専門カウンセラーによるフォローの実施

トヨタウエインズグループ健康保険組合(トヨタウエインズグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

【ヘルスリテラシー向上】
・健保連神奈川連合会が実施する研修会・講習会への積極的参加
・基幹ベンダーが実施する研修会・講習会への積極的参加

【健康診断・特定保健指導】
・健康診断受診率100%の維持
・特定保健指導該当者0人の維持

【運動機会の増進】
・チャレンジ・ウォーキングへの積極的参加

【感染症予防対策】
・インフルエンザ予防接種の一部費用補助
・アルコール消毒液の設置

富士フイルムエンジニアリング株式会社(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年10月3日 認定

【主な取り組み】

2019年度期首方針説明会で社長より全社員に以下のメッセージを発信
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 <FEC健康経営理念>
  社員の心と体の健康が富士フイルムグループの成長の基盤。
  人財が最重要資源のFEC(*1)にとっては、本人・家族が心身ともに健康であることは重要。
  全従業員に持てる力を充分発揮していただきたい。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 FEC健康経営理念に沿って、今年も「健康経営優良法人」継続認定を目指す
  
2019年度重点課題
 ① 職場改善アンケート・対策推進
 ② 春・秋 みんなで歩活 (関係グループ会社と対抗戦)
 ③ 職場健康ミーテイング (全員対象に健康セミナー)
 ④ 禁煙推進活動
 ⑤ ICTメタボ改善プログラム(健保連携事案)
    (*1): 富士フイルムエンジニアリング株式会社のグループ内略称

相鉄興産株式会社(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月1日 認定

【主な取り組み】

【運動機会の増進】
・毎朝始業時にラジオ体操を継続実施しています。

【感染予防対策】
・今季もインフルエンザ予防接種の医院の手配及び費用の一部補助をします。
・事務所入り口に手指消毒用のアルコール及びクレベリンの設置をしています。
・事務所に加湿機能付き空気清浄機を備え使用しています。

【メンタルヘルス対策】
・ストレスチェックの実施及び相談体制を整備しています。

大洋建設株式会社(神奈川県建設業健康保険組合)

2019年10月1日 認定

【主な取り組み】

1.食生活の改善
社員食堂「オセアンキッチン」を開設し、週3回栄養バランスの良い食事を提供しています。

2.感染症予防対策
インフルエンザ予防接種を希望者全員に会社施設内にて集団接種しています。
神奈川県風しん予防推進協力法人に登録しました。健診時に抗体検査を実施します。

3.受動喫煙対策
社内の完全分煙、禁煙推進に取り組んでいます。

神奈川県協同健康保険組合(神奈川県協同健康保険組合)

2019年9月30日 認定

【主な取り組み】

【職員の健康教育】
・健保連神奈川連合会が実施する研修会・講習会への積極的参加
・保険者主体の研修会・講習会への参加
・健康ポータルサイト「PepUp」を使用した健康に関する情報提供

【健康診断実施状況】
・健康診断受診率100%
・特定保健指導該当者数2人(H30)→0人(H31)

【運動機会の増進】
・チャレンジ・ウォーキングに参加

【感染予防対策】
・インフルエンザ予防接種の一部費用補助
・会館内の各箇所に消毒液を設置
・感染症予防リーフレットを配布し感染症に対する知識の向上を図る

【受動喫煙対策】
・屋内禁煙の実施
 

富士フイルム九州株式会社(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年9月26日 認定

【主な取り組み】

・市町村運動施設の利用促進(使用料負担)による運動習慣の支援
・inbody測定による自分の体組成の見える化、指導
・オンライン禁煙プログラム等の禁煙サポート
・健診結果二次健診必須者への受診勧奨

株式会社テクノステート(神奈川県鉄工業健康保険組合)

2019年9月25日 認定

【主な取り組み】

・健康管理チームを発足し、健康経営アドバイザーが責任者となり、経理・総務部の健康管理担当及び労働組合が中心となり産業医や健康保険組合と連携し、従業員の健康づくりを推進しております。
・令和1年6月19日厚生労働省委託「がん対策推進企業アクション推進パートナー企業」として登録をしました。

古藤工業株式会社(神奈川県プラスチック事業健康保険組合)

2019年9月24日 認定

【主な取り組み】

【健康意識を高める取組】
管理職者の方へ、当社の健康課題を知ってもらい健康意識UPを目的に健康セミナー実施
社員へ当社の健康課題をテーマに、保健師による健康レターの配信(毎月1回)

【保健指導の利用】
特定保健指導の対象者へ保健指導の実施

【運動機会の増進】
健保組合の“60日60万歩目標 健歩大会”へ参加

【感染予防対策】
インフルエンザ等にかからないように、人の出入りや多く集まる場所に手指除菌スプレーを設置

【受動喫煙対策】
社内の喫煙場所・禁煙場所を明確化し受動喫煙防止に努めた

富士フイルムグループ健康保険組合(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年9月24日 認定

【主な取り組み】

・事業主(富士フイルムホールディングス)は2年連続でホワイト500を取得しており、2020年度は健康銘柄の取得をめざしている。
・健保及び事業主人事部員による健康推進グループ及び人事担当役員を加えた健康推進協議会をキーとして健康経営を推進している。
・健保が事業主の健康経営優良法人取得を支援しており、昨年より継続が大規模3・中小6の計9法人、今年より新規が大規模9・中小2の計11法人、総計20法人が取り組み中。

JXキャリアサポート株式会社(JXTGグループ健康保険組合)

2019年9月20日 認定

【主な取り組み】

働きやすく、働きがいのある職場および風通しのよい職場を作ることを目的とし「ハッピー&サンクス活動」を実施しています。

【ハッピー&サンクス活動】
「感謝・称賛する文化」を根付かせることにより、働きやすく、働きがいのある職場を目指すとともに、「ひと」への思いやりを大切にし、風通しのよい職場を作っています。

活動内容
1.社内の仲間(上司・同僚・部下を問いません)に、感謝・称賛するメッセージをオフィス365フォームズを使って投稿します。
2.感謝・称賛された方に加え、投稿した方にポイントが付与されます。
3.投稿された内容は社内で共有します。
4. 「蓄積されたポイントが多い方」や「感謝・称賛された内容が特に素晴らしい方」を定期的に表彰します。
5. 継続的な活動として定着させていくため、少なくとも月1回の投稿を要請しています。

JX不動産株式会社(JXTGグループ健康保険組合)

2019年9月20日 認定

【主な取り組み】

社員の健康増進については全社的な課題として位置付け、CSR活動の一環として全員参画のもと取り組んでいる。
本取り組みにあたっては健康保険組合と十分な連携を取りつつ進めている。
また社員が高いモチベーションを持って、いきいきと働くことができる環境を整え、高い生産性を発揮できるようにすることを主眼に、2019年7月より働き方改革に資する各種人事制度(テレワーク勤務制、スーパーフレックス、柔軟な昼休みの取得)を導入し、社員の健康増進とともにワーク・ライフ・バランスの実現に努めている。

プレス工業健康保険組合(プレス工業健康保険組合)

2019年9月19日 認定

【主な取り組み】

【理事長による健康宣言】・・・健保職員の心構えとして以下の通り宣言した。
プレス工業健康保険組合は「加入者一人ひとりの健康づくりと豊かな生活を支援する」との基本理念に立ち、役職員全員が健康に資する各種取り組みを『率先垂範』することで、健康に働ける職場づくりに努めます。
そして、この取り組みを通じて、自身の健康はもとより加入者の健康増進を全員で支援することをここに宣言します。

【管理職及び職員に対する教育機会の設定】
・健保連・連合会主催の研修会及び外部機関が主催するセミナーには、全員が積極的に参加した。
・保険者が主体となった研究会には、全員が参画してスキルの向上に努めるとともに、他健保との情報共有を通じて加入者の健康増進に繋がる保健事業の強化に努めた。
   
【運動機会の増進】
・kencom「みんなで歩活」には、健保チームを登録して全員で上位入賞を目指した。
・当健保独自のウォーキングイベント(90日で90万歩)には全員が取り組み、全員が目標を達成した。

【口腔衛生対策・感染予防】
・「歯科健診」を就業時間内に実施し全員が受診した。医師による診察と衛生士による口内清掃・歯磨きの指導により歯周病予防に努めた。
・役職員及びその家族に対してインフルエンザ予防接種費用を補助した。

富士ソフト健康保険組合(富士ソフト健康保険組合)

2019年9月18日 認定

【主な取り組み】

・健康ポータルサイト「PepUp」の登録率100%
・健康診断費用の全額補助を実施(被保険者、被扶養者)
35歳以上:生活習慣病検診、婦人科検診
40歳以上:人間ドック
50歳以上:脳検査、PSA検査
・家族の検診受診勧奨対策を実施(検診未受診者に受診勧奨チラシを配布)
・ヘルスリテラシーの向上を目的に常備薬を斡旋

株式会社富士フイルムメディアクレスト(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年9月18日 認定

【主な取り組み】

「食生活の改善」への取り組み
 従業員への健康に配慮した食事・飲料の提供・補助を行う。
 ・2018年から カップ麺を脂質・糖質・塩分OFFに切り替える

「メンタルヘルス対策]の予防への取り組み
「運動機会の増進」への取り組み
 従業員コミュニケーションの促進として、定期的に従業員の参加を呼びかけた各種イベントを開催している。
 
①サラメシ・イベント:管理職と全従業員からの選抜チームで、従業員へのランチを提供する。
 ・2019年5月24日 「社長飯(牛丼)」
 ・2019年7月11日 「事業部長飯(冷しうどん)」
②夏祭りイベント:自らが企画した店を出店し、従業員とその家族が参加できるイベントを開催した。
 ・2019年8月23日 「納涼会」
③屋外イベント:従業員とその家族への参加を呼びかけ屋外ツアーイベントを開催した。
 ・2019年6月23日 「さくらんぼ狩り」日帰りツアー

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年9月13日 認定

【主な取り組み】

当社が取り組む膝軟骨の治療への理解を深めていただくために専門医に依頼して作成した
「ナンコツコツコツ体操」に社員自身でも取り組み、その様子をYoutubeで公開しています。

https://www.youtube.com/watch?v=GRIVueVeAPk  太もも筋肉周り編
https://www.youtube.com/watch?v=zwrJ4X1NFiY  ハムストリングス編
https://www.youtube.com/watch?v=5SFCve-bLOo   J-TEC社員編

アルバックテクノ株式会社(アルバック健康保険組合)

2019年9月13日 認定

【主な取り組み】

【健康管理への関心を高める】
被保険者:定期健康診断の結果(前年度との比較を含む)をメールで具体的にフィードバックする
     web研修で全拠点に健康教室「健康診断の結果のみかた」を実施。
被扶養者:特定健康診査の受診率を上げる為、広報の仕方を社内報だけでなく研修などの機会に直接被保険者に案内する
《取り組み》
・Pep UPの登録率は98.8%に達した為、活用できるような広報する
・Pep UPで年に2回健康保険組合が主催しているウォーキングラリーを今後も継続して広報する
・定期健康診断 再検査目標受診率100%

【健康リスクの低減】
2018年度の定期健康診断の結果、BMI25以上の肥満率が34.1%と高く、生活習慣病予防には体重管理が重要
2020年度肥満率 目標:30%
《取り組み》
・健康診断でBMI25以上の方にメール配信(肥満が生活習慣病のリスクを高める要因といった基本情報)
・対象者個々に継続実施できそうなプランを提案(減量値・期間・1日あたりのカロリーなど)
・毎月末にメールで体重を報告して頂き、減量できていない場合は再度プランを検討)

【心の健康づくり】
・メンタルヘルス基礎研修(5ヶ年計画の最終年) 目標受講率100%(2018年度:95.5%)未受講者には職制を通じ勧奨する
・2020年度以降のメンタルヘルス研修の計画策定
・ハラスメント基礎研修(5ヶ年計画の2年目)   目標受講率70%(2018年度:61.1%)

上五島石油備蓄株式会社(JXTGグループ健康保険組合)

2019年9月13日 認定

【主な取り組み】

・10月に健康セミナー(メンタルヘルス)を開催予定
・さよなら残業Action9を実施し、所定外労働時間の削減や休暇取得率UPに向け対応
・2005年より次世代育成支援行動計画を作成しており、2017年7月にくるみん認定を取得

東芝ピーエム株式会社(東芝健康保険組合)

2019年9月7日 認定

【主な取り組み】

当社は比較的小規模な会社であり、多額の費用や人的なリソースを必要とする施策の実施は困難であることから、女性検診の充実や一人ひとりに着目した特定保健指導のフォローなど、会社の特性に応じた健康施策を工夫しながら展開しています。特に今年度は「歩く」ことをテーマに「よこはまウォーキングポイント」を中心とした啓蒙活動に取り組み「日常的に歩く」ことの重要性を従業員に訴求していきたいと考えております。
あわせて、従業員の健康増進施策の他、各種リクリエーション活動の場の提供や委員会活動等の社内コミュニケーション活性化にも継続して取り組み、これからも明るい会話が飛び交う健康な職場を目指します。

株式会社ジャンボ(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年9月7日 認定

【主な取り組み】

・1~2カ月に一度、健康管理に関する情報を掲示している
・8時6時制度:週1回は定時退社、それ以外も8時までに仕事を終わらせる
・有給休暇取得の促進:2カ月に1度、計画的に有給を取るよう促進している
・夏季、熱中症予防のためレモン水を準備し、社員に利用してもらっている
・冬季、インフルエンザ予防のため、朝礼等で手洗いうがいを促進している
・年に一度、社員向けに健康管理、生活改善のセミナーを実施している

アルバック・ファイ株式会社(アルバック健康保険組合)

2019年9月6日 認定

【主な取り組み】

・PepUp活用、2019年第1回ウォーキングラリー参加率41.0%
・健康年齢-2.5歳(グループ会社3位)
・2018年度の被保険者特定保健指導初回面談実施率90.9%(現在支援中のため現時点の数値)

富士ゼロックスインターフィールド株式会社(富士フイルムグループ健康保険組合)

2019年9月6日 認定

【主な取り組み】

・健康増進施策として、体育奨励費を利用した健康増進イベント(ランニング、パデル)を実施した。
・ワークライフバランスの推進として、全従業員対象に在宅勤務のトライアル第2弾を実施。
・毎月安全衛生や健康増進に関わるトピック(食生活改善や禁煙促進等)を記載したA4両面の広報誌を作成し回覧。

株式会社アイネット・データサービス(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年9月8日 認定

【主な取り組み】

障害を持つ従業員が働く特例子会社で、食を中心に健康への取組みを推進している。 
■食育
・社員食堂で栄養バランスの取れた昼食を摂ることを促進。
・ 食堂内での掲示板(栄養素に関する案内)を活用して食育に取り組んでいる。
■運動機会の増進
・横浜ウォーキングポイントの参加をはじめ、歩数計を活用してウォーキングを推進
・昼休みの軽めの運動の実施

株式会社ホンダカーズ神奈川西(神奈川県自動車整備健康保険組合)

2019年9月3日 認定

【主な取り組み】

本年度より、健康企業・健康経営について取組みを始めたばかりですが、健康保険組合・取引会社などより情報提供を頂き、常に従業員の健康に関して改善し続けるよう努めて参ります。

アルバックヒューマンリレーションズ株式会社(アルバック健康保険組合)

2019年9月2日 認定

【主な取り組み】

・定期健康診断受診率100%に向け、遠隔地拠点においては健康づくり担当の従業員を定め、協力体制がとれるような組織づくりを行っている。健診結果について企業全体の傾向については経営者からも社内へ周知させる報告を行い注意喚起を指示。各拠点50名程度の所属者が在籍している場合は、所属の傾向を看護師が分析し安全衛生委員会にて報告、従業員に対しての意識を高められるようアプローチを行った。
・特定保健指導については、健保在籍の保健師と企業の看護職とが情報の共有を行い対象者全員が指導を受けられるようコラボヘルスに努めている。
・健康促進、維持においてはウォーキングラリーの実施、健康情報Web/PepUpを活用。(PepUp登録率79.2%)
・健康年齢-2.2歳、健保内健康レポートでは前年度より若返り、18事業所内で5位であった。

アルバック販売株式会社(アルバック健康保険組合)

2019年8月30日 認定

【主な取り組み】

・感染症予防対策として、インフルエンザ予防接種費用について、全従業者分を全額負担
・人間ドック、PET/CT受診費用の補助
・健康管理業務の外部への委託(産業医3名、保健師2名体制)
・健康Web/PepUpへの従業員の登録(登録率100%)
・ウォーキングイベントへの従業員の参加(参加率65%)

玉川電器株式会社(神奈川県プラスチック事業健康保険組合)

2019年8月26日 認定

【主な取り組み】

社員一人一人が健康で生き生きと働くことを目標

【健康管理】
・定期健康診断の全員受診、40歳以上の方の人間ドック実施
・産業医と連携し、健康管理強化を実施
  産業医の健康相談希望がある場合は、面談をしています
  定期健康診断結果の有所見者個人別の産業医意見を聞き個人別に再検査・治療を促進しています。
【メンタルヘルス対策】
・メンタルヘルス「こころとからだの相談室」毎月開設
  メンタルヘルス研修の実施、心と体のお話「メルマガ」配信
・リフレッシュスペースの設置
【過重労働対策】週1回定時間日の実施、過重労働者の産業医面接実施
【感染予防対策】社員に対して、インフルエンザ予防接種の実施
○健保組合と連携した健康づくりの推進
 ・健歩大会(60日60万歩目標)への参加
 ・ランチタイム・ブラッシング運動への参加
 ・特定保健指導(40歳以上)の対象者全員の実施
 ・健康教育(20・30歳台の有所見者)の実施
   特定保健指導前の若年層に対する独自の取り組み

横浜機工株式会社(日本発条健康保険組合)

2019年8月22日 認定

【主な取り組み】

健保組合とのコラボヘルスで以下取組みを実施。
・従業員全員対象に「体力測定」を実施。
・口腔衛生を課題に「歯科健診」 、希望者には「歯のブラッシング指導」を行った。

向洋電機土木株式会社(神奈川県電設健康保険組合)

2019年8月22日 認定

【主な取り組み】

■建設現場で業務する社員に「熱中症対策キット」を用意しています。
■社内携帯に「マイME-BYOカルテ」のアプリを入れ、健康管理とアドバイスを行っています。平成31年3月に企業対抗ウォーキングで奨励賞をいただきました。
■社内にて、歯科巡回健診を実施し、全社員が受診しました。

アルバック健康保険組合(アルバック健康保険組合)

2019年8月1日 認定

【主な取り組み】

・Pepup活用、ウォークラリー参加率100%
・健康年齢マイナス3.0歳(グループ会社2位)
・健康関連冊子定期購読、セミナー参加、最新の医療情報周知
・特定健診受診率100%(被扶養者含む)
・特定保健指導対象者0(被保険者)
・高リスク者0、治療放置者0

TMCシステム株式会社(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年7月31日 認定

【主な取り組み】

■2012年から衛生委員会の分科会が健康促進活動として健康情報の発信(年6回以上を目標)。
■健康イベントの開催(ウォーキング・ボーリング・バトミントンなど 年4回)を行っています。

アクロクエストテクノロジー株式会社(神奈川県情報サービス産業健康保険組合)

2019年7月28日 認定

【主な取り組み】

■全社禁煙
 2000年から、全社禁煙を実施。2011年には、ついに喫煙者はゼロになり、今も継続している。
■オーガニックレストラン
 2015年夏まで、会社で経営していたダイニングバーを社員の健康を考え、2016年秋にオーガニックサラダレストラン(cafe de chou chou)に改築した。社員は社員価格で、社員が日常から健康的な野菜を食べるようになった。
■ 健康食品、パン、お菓子の社内販売
 朝食やおやつ用にパン、お菓子の社内販売や健康食品の定期購入を行っている。
■ 体操タイム
 毎日15時からのコーヒーブレイクになったら軽快な音楽をかけ、エクササイズ、ストレッチを行うようにした。
■卓球・ダーツ
 社内に卓球台、ダーツ台を設置し、社員は休憩時間は自由に使い運動をすることが出来る。
■午後8時以降居残り禁止
 午後8時以降社内に残るには上司の承認が必要とした。実質8時以降の残業はなくなった。

株式会社横浜エージェンシー&コミュニケーションズ(神奈川県食品製造健康保険組合)

2019年7月8日 認定

【主な取り組み】

■感染予防対策
・社員に対してインフルエンザ予防接種を会社施設内にて集団接種し、費⽤の全額補助
・執務室内にマスク、消毒液、除菌スプレー等を設置
■メンタルヘルス対策
・全従業員へストレスチェックを2016 年より実施、希望者には医師⾯接を実施
・産業医の定期訪問(⽉1 回)にて⾯談等の活⽤
・衛⽣委員会を⽉1 回実施
■受動喫煙対策
・執務室内の完全禁煙、禁煙推進の取り組み
■保健指導
・⼈間ドック受診の周知と費⽤の⼀部を会社負担(35 歳以上)
・⽣活習慣病に該当する社員については健康保険組合指定の保健師による保健指導を実施
■運動機会増進
・スポーツジム利⽤料⾦を全額補助
・横浜ウォーキングイベントに参加
■過重労働対策
・8:00〜10:00 まで、30 分刻みの時差出勤制度を導⼊
・半休制度の導⼊
・休⽇出勤の代休は2 ヶ⽉以内に消化
■その他
・薬代の3 割を会社負担

株式会社テクモ(プレス工業健康保険組合)

2019年6月6日 認定

【主な取り組み】

■健康管理啓蒙活動
・ 定期に開催される職制・労使会議の場で生活習慣病予防などのビデオを上映・紹介して健康管理への啓蒙を図った。
■運動機会の推進
・ 昼休み時間、有志を募って毎日ラジオ体操を行っている。また、休憩時間などに軽い運動が出来るように運動器具を会議室に設置して運動機会を増やした。
■口腔衛生対策(健保共同事業)
・ 希望者を募り定期健康診断に併せて「歯科健診」を就業時間内に実施した。医師による診察と衛生士による口内清掃・歯磨きの指導を行い歯周病予防に努めた。
■感染予防対策(健保共同事業)
・ 社員及びその家族に対してインフルエンザ予防接種費用の全額を補助した。
・インフルエンザやノロウイルスにかからないように、玄関や執務室に手指除菌スプレーを設置し、感染症予防に努めた。
■メンタルヘルス対策
・ ストレスチェックの実施及び面接指導を行い、メンタル不調者の早期発見・早期治療に努めた。

株式会社山水製作所(神奈川県電子電気機器健康保険組合)

2018年12月14日 認定

【主な取り組み】

・毎年の健康診断を、社員及び被扶養者の方全員に確実に受けてもらう。
・結果が良好でない方については、各部署の責任者から医療機関への受診を勧めている。
・社員の平均年齢が高めであるため「健康」に関心が高い。

(ホームページへの掲載を希望しない企業様名は掲載していません)